くるぶしが黒い!くるぶしの黒ずみの原因とケア解消

くるぶしの黒ずみが出来る原因とは

いつの間にはくるぶしが黒ずんでいた・・という方も多いのではないでしょうか。
実はくるぶしは体の中でも、黒ずみやすいパーツです。

 

 

くるぶしの黒ずみが出来る原因としては、正座や靴が挙げられます。
正座をすると、くるぶし部分が圧迫されてしまいますが、この圧迫によって黒ずみが起こるのです。
靴もまた擦れることで黒ずみにつながる可能性があります。

 

人間の皮膚は摩擦や圧迫されると、その部分にメラニン色素が大量に作られます。
メラニン色素は肌のターンオーバーという作用によって、自然と排出されるのですが刺激が加わり続けると、排出が間に合わなくなり黒ずみとなってしまうのです。
正座を長時間すればする程、メラニン色素が作られ黒ずみが出来やすくなります。
また、くるぶしは古い角質が溜まりやすい事もあり、黒ずみになりやすいパーツです。

 

 

顔はしっかり保湿などスキンケアを行いますが、くるぶしとなると多くの方はお手入れしないでしょう。
肌が乾燥すると古い角質が溜まりがちです。
すると、ターンオーバーが低下したり、古い角質によってくすみ黒ずみとなります。
この他にも血行不良によっても、黒ずみが起こりやすいようです。

 

特に足先は血流の流れが悪くなり、新陳代謝が低下する事によって黒ずみが出来やすいと言われています。

くるぶしの黒ずみをとる方法について

 

くるぶしが黒ずんでいるとせっかくのサンダルも綺麗に履きこなせないと落ち込んでしまうこともあります。
くるぶしなどの骨の出ている部分は正座など摩擦しやすく黒ずみやすい部分でもあります。
ほかにも乾燥や紫外線なども受けやすいため黒ずんでしまいます。
厚くなってしまった古い角質とメラニン色素が黒ずみになってしまいますが、くるぶしの黒ずみをとる方法はこれらを除去することで改善することができます。

 

具体的な方法としては、

  • 刺激を与えない
  • 古い角質の除去
  • 保湿
  • メラニンの生成を抑える

などのお手入れや予防・対策が必要です。

 

刺激を与えない

これは上でも紹介したように正座や靴などによって刺激を与えてしまって起こるのでこういったところでなるべく刺激を与えないように日頃から気を付けることが大切です。

古い角質の除去

くるぶしは古い角質が溜まりやすいところで黒ずみも目立ちやすいと思います。
ですから古い角質を取り除いてあげるのも一つでしょう。

 

簡単にできる方法として重曹などもありますが、刺激がないとは言えないのでその後保湿クリームなどでしっかりケアしてあげることも大切です。
あとあまり擦りすぎるのも逆に刺激を与えてしまって逆効果なのであまり擦りすぎないようにしましょう。

 

正直重曹を使うなら肌に優しいピーリング商品なども良いかと思います。

 

保湿成分や美白成分なども配合されていて肌にも優しく作られているものも多いです。

 

ちなみに私はきらりのつくりかたを使ったりしていたのですが、薬用リメンバーリンクスホワイトmo
良いかと思います。
なぜかというとメラニンの生成を抑える水溶性プラセンタエキスや抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kが配合されているので黒ずみケアにもおすすめだからです。

 

きらりのつくりかたも水溶性プラセンタエキスや美容成分が配合されているので全然良いとは思います。
それに顔がメインの商品で肌にも優しくできていますね。

 

どちらにしてもピーリングジェルで角質をとることがメインなのでそのあとしっかり黒ずみケアクリームなどでケアしてあげたほうが良いとは思います。

 

ちなみにきらりのつくりかたはこんな感じです。

保湿やメラニンの生成を抑えるために黒ずみケアクリーム

くるぶしは乾燥しやすいですし、黒ずみにも関係しているので保湿とメラニンの生成を抑える成分が配合されている黒ずみケアクリームを利用するのも一つです。

 

保湿だけは不十分だと思いますので美白成分などが配合されているというのもポイントです。

 

メラニンを抑える成分として

メラニンを抑える成分としてよく使用される成分が

 

  • ハイドロキノン
  • 水溶性プラセンタエキス
  • トラネキサム酸

 

などです。
美白化粧品などの使用されている成分を見てみるとこういった成分が配合されていることがよくあります。

 

一番はハイドロキノンなのですが、これは刺激が強く副作用の心配もあるので注意が必要です。
ハイドロキノンは商品によって濃度が違い5%以上だとかなり濃く、皮膚科などで処方してもらえたりします。
ちなみに化粧品の中には1%〜5%くらいの濃度のものが多いです。

 

黒ずみケアクリームにはこのハイドロキノンはあまり使用されていませんね。
おそらく刺激が強く、副作用の可能性があるからだと思います。

 

 

ですから肌への優しさなどを考えるのであれば「水溶性プラセンタエキス」や「トラネキサム酸」などが配合されているものが良いのではないでしょうか。
他にもメラニンの生成を抑えてくれる成分はありますが主もこういった成分が有効成分としてよく使用されています。

 

ちなみに私はいくつかクリームを使っているのですが、くるぶしということで言うとLusTer/ラスターもいいと思いますね。
ひざ下の黒ずみ専用のクリームです。
5つの美白成分が配合されていて黒ずみのことを考えて作られていることがわかります。
ただ、購入するとなると定期コースかなとなるのですが4回継続しないといけないのでちょっとコストがかかるのが考えるところです。

 

ちなみにラスターはこんな感じになります。

 

あとおすすめなら薬用アットベリージェルですね。
脇の黒ずみ、ニオイケアにおすすめということですが当然くるぶしの黒ずみにも使えます。
美容成分もしっかり配合されていて肌にも優しくできているのが嬉しいところです。
価格は定期コースで初回2,980円(税込)で2回継続で8,420円(税抜)になります。

 

薬用アットベリージェルはこんな感じになります。

まとめ

 

いろいろ紹介してきましたが、まずは日頃の対策が大切ですね。
刺激を与えないなどですね。

 

そして、角質がたまっているなら薬用リメンバーリンクスホワイトなども良いと思います。
美白成分も配合されていますしね。

 

そして、黒ずみケアクリームなどですね。
保湿成分やメラニンを抑える成分などが配合されています。

 

なので角質を取り除いてクリームでケアというのが良いのかなと思います。
ただ、費用がかかってしまうので薬用リメンバーリンクスホワイトなど美白成分も配合されているピーリングジェルで様子見してみるのも良いかもしれませんね。

 

あとはあまりおすすめはしませんが重曹やスクラブ系のもので角質を取り除いてクリームでケアするなどでしょうか。

 

費用のこともあるのでいろいろ考えながら検討するのが良いのではないでしょうか。